害獣への対処|イタチごっこになる前に|専門家に任せてイタチ駆除するのが確実
女の人

イタチごっこになる前に|専門家に任せてイタチ駆除するのが確実

害獣への対処

散布機

駆除すべき害獣

害獣とは、人間の住む場所や畑といった人の生活領域に害を与える動物のことを指しています。害獣として認識されているのはイノシシやクマ、シカといった動物から、住宅街に出没するネズミなどの小動物やカラスなどでしょう。こうした害獣と呼ばれる動物は、実際に害にあった若しくは遭う可能性があるといった場合に駆除対象となることがあります。住宅などの害獣駆除については、家主や対処することもありますが、駆除対象によっては法律的に問題がある場合もあるため、ある程度情報を集めてから対処する必要があります。害獣駆除をおこなうプロの専門業者もあるため、そこへ依頼することもできます。なお、害獣とは逆に人間の生活に利益をもたらす動物のことは、益獣と呼ばれます。

害獣の特徴を知ること

害獣駆除を考えた時に大切なことは、その駆除対象の習性や状態、特徴をよく知るということです。駆除対象について情報がないまま対処してしまうと概ね失敗しますし、逆に知恵をつけてしまうことにもなりかねません。また、屋根裏や縁の下などの目に見えない場所に居つかれてしまった場合には、何がそこにいるのか分からないということもあります。そのため、屋根裏または縁の下にいる動物について、においがあるか、足音は聞こえるか、鳴き声はするかなどの諸処の特徴を確認すべきです。そうすることである程度の予測と対処方法がわかるはずです。もし害獣が特定できない場合には、やはり害獣駆除業者にその旨を伝え、駆除を依頼することが一番確実といえます。