被害を防ぐために|イタチごっこになる前に|専門家に任せてイタチ駆除するのが確実
女の人

イタチごっこになる前に|専門家に任せてイタチ駆除するのが確実

被害を防ぐために

ハクビシン

網や有刺鉄線で

ハクビシンは、体格や体長などがネコと似通っている小動物です。本来は山間部で生まれ育つのですが、森林伐採などにより生活できる場所が減ったことから、近年では都市部でも暮らすようになっています。ハクビシンは雑食なので、野菜でも果物でも肉でもよく食べます。そのため昨今では、ハクビシンに畑や果樹園、キッチンなどを荒らされるという被害が増えてきています。したがって、被害を防ぐための対策も、さかんにおこなわれるようになっています。具体的には、作物には網をかぶせたり、住宅の戸をしっかりと閉めたりといった対策です。ハクビシンは、外壁や雨どいを縦方向に登ることができるので、これらに有刺鉄線などを設置することも、有効な対策方法のひとつとされています。

強い匂いや大きな音で

ハクビシンは匂いに敏感なので、強い匂いを発するものを置いておくことも効果的です。たとえば酢やカットしたニンニクなどですが、これらの匂いがする場所には、ハクビシンは警戒して寄ってこなくなるのです。もちろん、市販されている忌避剤を使った対策も有効です。既に畑や屋内に侵入している場合には、祝賀用のクラッカーなどを鳴らすと、ハクビシンは驚いてその場から出て行きます。離れている間に上記の対策をおこなっておくと、たとえ戻ってきたとしても、侵入できないことに気づき、去って行くのです。ハクビシンは住み着くと、畑などを荒らすだけでなく、騒音や糞尿、寄生虫による様々な被害をもたらします。しかししっかりと対策をおこなっておけば、これらの被害を全て防止できるのです。